×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

講師紹介

分科会テーマ

11月6日
4つの分科会から2つ選択
教育と専門性
社会教育
『学び合い』
比較教育

11月7日
4つの分科会から1つ選択
教師論〜教師になるために〜
教育行政
養護教諭との連携
特別支援



11月6日

教育と専門性
○酒井 勝記(サカイ カツキ)先生

属:九州産業大学

長崎県立高等学校長を経て、長崎県教育委員会、教員海外派遣(欧州)研修団団長(文部科学省)を始め、各種団体からの教育表彰、および海外教育の研修を重ねる。

「教育において “自分らしさ”を第一におき、それぞれが生きていくなかで“自分らしさ”とは何か考え、追求していくことでより豊かな人生を歩める。


社会教育
○圓入 智仁(エンニュウ トモヒト)先生

所属:中村学園短期大学部 幼児保育学科

地域社会における学校のあり方について、社会学的視点から深く研究する。児童相談所で勤務したのち、家庭教育やしつけ・虐待というテーマについても広く携わる。


『学び合い』
○伊東 宗宏(イトウ ムネヒロ)先生

属:福岡市教員

採用25年、特別支援学校や同和推進教員を経験。玄海島で僻地教育に関わり、現在『学び合い』を実践。

※『学び合い』
上越教育大学西川純教授が提唱。授業方法でも、学習方法でもなく、教師が子どもたちに魅力的な授業目標を設定し、子どもたちが自由に学習方法を選べた場合に発生する現象である。

西川教授研究室URL
http://www.iamjun.com/



比較教育
○佐藤 仁(サトウ ヒトシ)先生

属:福岡大学 人文学部教育・臨床心理学科

主に、比較教育学(アメリカ)、教育制度学(教員養成制度、教育政策)の研究をする。「どうすれば質の高い教員(初等・中等教育)を大学で養成することができるのか」ということに研究の関心をおき、アメリカを対象に評価の観点から、教員養成機関の制度的研究を行う。



11月7日

教師論〜教師になるために〜
○陣川 桂三(ジンカワ ケイゾウ)先生

属:福岡大学

国語科教育や、教育評価、人権教育、教育方法など、教育における様々な分野を研究。中学校国語教諭を経て、中学校校長として培ってきた経験は実に豊富である。大学の講義に加え、教育者向けの講演など幅広い分野で活躍中



教育行政
○古川 忠(フルカワ チュウ)先生

属:福岡県議会

十年以上、県議会議員という立場から教育に携わる。また、NPO教育オンブズマンを設立し、初代理事長、現理事。教育問題についての講演活動などを続けている。


養護教諭との連携
○柴ア 卓已子(シバサキ タミコ)先生

所属:福岡県養護教諭・西南女学院大学非常勤講師

楽しい保健指導を創ることをライフワークとし、現在はワークショップ型保健の授業を中心に行っている。「ゲームで保健の授業」「ワークショップで保健の授業」共著(東山書房)他多数。
「息子や娘と同世代のみなさんと楽しく養護教諭について語りましょう。」


特別支援
○氏間 和仁(ウジマ カズヒト)先生

属:福岡教育大学 教育学部障害児教育教員養成課程

視覚障害を専門とし、主に、視覚障害の特性に応じた教授法や、障害に対する教育についても研究する。障害を持つ子どもと直接関わり、視覚障害を体験できる講座を開くなど、幅広く活動している。





戻る